当院の特徴、院内・機材紹介feature & equipment

当院の特徴

診療風景
院長診察
スタッフ

1日15人。一人ひとりにじっくり向き合うために

治療の質を維持のため、患者数を制限させていただいております

治療の質を維持するためには、1日最大15名の患者様が限界です。一人ひとりの患者さんと向き合いながら、じっくり治療に取り組むこと。それが当院のモットーです。
はじめての患者さんの場合、30分〜1時間ほどじっくりとお話させていただき、その後オーダーメイド治療を行なわせていただきます。

患者さんが本当に求められている治療を行います

開業前、大きな病院に勤めていた時には、1日で30〜40人ほどの患者さんを診ておりました。当然ながら患者さんとしゃべることができませんでした。
私は、ただ淡々と歯科治療を行うのではなく、お話しながら、患者さんが求められている治療を行いたい。そして、満足していただいて、笑顔で帰ってほしいと考えています。目標は、「帰る時には、患者さんに笑って帰ってもらえる歯科医院」です。

まずはおしゃべりからはじめましょう。

虫歯や歯周病などの治療の場合、「歯医者はあまり行きたくない場所」と思われる方も多いのではないでしょうか。私は、「歯医者=嫌な場所」という概念を打ち壊したいと考えています。笑顔で通える科医院を目指したいと思っています。
そのためには、まずは緊張をほぐすことが大切。まずは、私と医院になじんでいただけるように、気軽なおしゃべりからはじめさせてください。

30分〜1時間くらい話だけをお聞きすることも

「話を聞いてもらえず、一方的に治療を決められて困ってしまった」というお話を耳にすることもあります。当院では、「患者さんのお話を聞く」ということを大切にしています。
初診の方の場合、緊急でなければ、30分〜1時間くらい話だけをお聞きすることもしばしばです「前回、受けた治療で困ったことはないですか?」、「どんな治療結果が理想ですか?」などといったコミュニケーションを通じながら、信頼を深めていくことからはじめています。

子どもから、ビジネスマン、
主婦、お年寄りまで通っていただける医院

時間内で終わらせる治療を

勤めている方など、忙しい方にもご来院いただけますように、治療はできる限り時間内で終わらせることを心がけています。治療に時間のかかりそうな症例の場合、あらかじめ時間を取って治療に取り組ませていただきます。土曜も診療していますので、お勤めの方もぜひお気軽にご来院ください。

子どもといっしょに治療する

以前から、小児医療には縁があり症例豊富です。また私自身お子さんの歯科治療はたいへん好きです。私自身も子どもがおりますので、歯科医師としてだけでなく子の親として、お子さんの気持ちを考えた治療を行わせていただけると思います。
お子さんは、大人に比べると自分をうまく表現できないものです。だからこそ、「不快感を取り去る」ことが大切です。時にはアンパンマンの絵を書いてあげることもあります。こうすることで距離が縮まり子どもの緊張がほぐせるのです。

高齢の方へは、常に誠意をこめて

人生の先輩である高齢の方へは、失礼のないように誠意をこめて治療に取り組んでいます。30代の自分にとっては、親世代の方が来られることも多いですが、自分の両親を治療するくらいの気持ちで、色々とお話をお聞かせいただきながら、最良の治療をできますように努力させていただいています。
また入れ歯治療は豊富な経験がありますので、入れ歯でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

笑顔あふれるクリニックです

患者様からはよく「先生もスタッフさんも笑顔が素敵ですね」といったお声をいただきます。
患者様にとって居心地がよいクリニックであるためには、スタッフ全員の笑顔が大切だと考えております。

院内・機材紹介

院内紹介

受付

ご予約の相談はもちろん、治療中の疑問・質問なども承っております。どうぞお気軽にお尋ねください。

待合室

リラックスしながら診療をお待ちいただけるように、広めのソファをご用意しました。

診療室

プライバシーに配慮した半個室の診療室です。常に気持ちよく使用していただくために、感染対策や滅菌には細心の注意を払っています。ユニットのかたわらにはモニターを設置。患者様のお口の中の写真を映しながらご説明することで、分かりやすい治療案内ができるよう心がけております。

機材紹介

CT

二次元の画像しか撮れなかったレントゲン画像に比べて、歯科用CT画像は立体画像(三次元)では詳細に診断できることが特徴といえます。CTによる画像は、備え付けのモニターにより、患者様にもご確認いただきながら、症状や治療法の説明を行わせていただきます。

表面麻酔、電動麻酔

麻酔の注射時には、次にあげる2種類の痛みが生じます。針が粘膜に刺さるときのチクッとする一瞬の痛みと、その後に注射液が入っていくときの圧迫されるような、じわじわと長く続く痛みです。これらの痛みは、表面麻酔の塗布と、麻酔薬を注入するスピードをコントロールすることにより、緩和できることが証明されています。当院では、コンピュータによる自動制御のできる電動麻酔器を使い、痛みを感じにくいスピードで注射を行います。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーとは、10500nmの波長を利用したレーザーです。レーザーメスとして使用することで、切開と同時に止血が可能となるため、メスでの切開と比べて極めて出血が少ない状態で処置を行うことができます。特に内部に膿を持っているときなどに有効です。
レーザーを使った治療は下記のような場合に有用です。

  • 切開および止血
  • 炎症部位の切開
  • 口内炎の痛みの緩和
  • 根の治療の痛みの緩和
  • 歯肉が黒くなっている部位の色調改善 等

表面麻酔、電動麻酔

当院ではコップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。使用するミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて患者様の前で開封いたします。また、高圧蒸気滅菌器、薬液滅菌、ガス滅菌などの各種滅菌機器を取り揃えています。小さなお子さんにも、安心して治療を受けさせることができるでしょう。

TOPへ戻る