アイコン

小児歯科
child

アイコン 小児むし歯治療

当院の小児歯科

歯医者が嫌い・怖いお子さんに最適コミュニケーションを大切にし 無理に治療を進めることはいたしません

当院の小児歯科では、「お子さんの将来のことを第一に考え、お口の健康を守れる治療を行うこと」をモットーとしています。嫌がるお子さんに対して無理に治療を進めることはありません。ゆっくりと時間をかけながら、コミュニケーションを大切にした治療を行っています。当院の小児歯科は、「歯医者さんが怖い!」という子や「歯医者さんが嫌い!」という子にお勧めです。

院長からコメント

子どもの気持ちを一番に考えた治療を

院長である私は昔からスポーツを通して子どもと触れ合うことが多く、子どもがたいへん好きです。そのような考えがあるので、小児歯科治療には特に力を入れています。ときにはアンパンマンの絵を描いたり、学校の話をしたりしながら、いっしょに治療を進めていきます。努力の甲斐があり、むし歯がよくなった子や、ブラッシングできなかった子がブラッシングできるようになった姿を見られることは、歯科医師としてとてもうれしいものです。

 

歯医者をこわがっているお子さんには、「今日は何もしないよ」と宣言して、むし歯のことから、歯医者とは関係のない日常のことまで、いろいろとおしゃべりすることもあります。 「このおじさんなら大丈夫」とお子さんに思ってもらえてから初めて治療を開始します。

 

子どもとはいえ1人の人間です。「ウソをつかない」こともまた大切にしています。痛い治療のときには、正直にそういいます。子どもはウソをつくと、すぐにわかるものです。ウソを言わないことが、信頼につながる。それは、大人でも、子どもでも変わらない真理だと思います。子どもを一人の人間として尊重し接するよう心がけています。

アイコン 小児予防歯科

むし歯になる前にしっかりと予防

子どもの歯は大人のそれと違い、歯質が弱いために容易にむし歯になりやすい状態にあります。したがって、日ごろから予防することが大切です。フッ素には、歯質を強くする効果があります。お子様の歯面に塗布することで、むし歯に強い歯をつくります。定期的に行うことでむし歯予防に効果を発揮します。

 

また言うまでもなく、むし歯予防には、毎日の正しいブラッシングがとても重要です。子どものうちは一人でうまく行えないため、この時期にちゃんとしたブラッシング方法を学ぶことは非常に重要なことです。一人ひとりのお口の状態にあわせて、ブラッシング方法を指導しています。親御さんには、仕上げ磨きの方法などもお伝えしています。