アイコン

よくある質問
blog

2015.02.07更新

 

ここ最近親知らず(8番目の歯)の抜歯をよくするので、親知らずについてお話します。
昔の人は顔が大きく、親知らずはきちんと生えていたようです。
しかし現代人は食べ物の変化などで、小顔になってきているため、親知らずがきちんと生えずに、外側を向いたり、骨ね中に埋まっていたり様々な不都合が起こってきます。
まず、1番奥に生えているので、汚れが溜まり易く、さらにはほっぺたで圧迫されているので、唾液で洗い流してくれることもありません。
さらに歯ブラシも届きづらい場所になるので、虫歯になりやすく、歯茎も腫れやすいです。
なのでなにかトラブル(痛み等)があった場合は、親知らずに関しては抜歯する事をお勧めしています。
特に上の親知らずに関しては、痛みや腫れはほとんどないので、安心してください。
下の場合は、痛みや腫れは必ずといっていいほど、出ます…
もちろん、生えている方向や深さ、骨をどれだけ削るか、抜くのにかかる時間など、様々な要因があるので一概には言えませんが…

ケースによるので、もちろんはっきり言い切れる事ではないので、きちんと話をした上で決めましょう!

投稿者: 長光歯科医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY